Next Generation Support Room 次世代育成支援室

一般事業主行動計画

一般事業主行動計画 第Ⅲ期

岡山大学では、大学全体の取り組みとして、教職員が仕事と子育てを両立させることを推進するとともに、職場全体のより働きやすい環境を整えるべく、次のような行動計画を策定します。

1.計画期間

平成22年4月1日から平成25年3月31日までの3年間

2.計画内容

目標 1
趣旨

ダイバーシティ推進本部次世代育成支援室において、行動計画(案)を策定、その計画で立てた目標の進捗チェックなどを行い、目標を達成する。

対策

ダイバーシティ推進本部次世代育成支援室を引き続き設置する。

目標 2
趣旨

妊娠・出産、育児に関する諸制度の周知と利用促進、及び仕事と子育ての両立支援のための広報活動を行う。

対策
  1. 次世代育成支援室のホームページを作成し、出産及び育児に関する諸制度の情報を掲載、学内・学外ともにアクセスしやすい環境に整える。
  2. 育児休業取得者がスムーズに職場復帰できるよう、情報提供を行い、また情報交換できるような場を設ける。
  3. 男性職員の出産や育児にかかわる休暇・休業の取得を促進する。
  4. 両立支援の一環として、家族参観日などのイベントを実施する。
目標 3
趣旨

事業所内に設置されている保育施設、病児・病後児保育施設、長期休暇中の学童保育施設の管理・運営方法の見直しを行う。

対策
  1. 保育施設「なかよし園」の園児の定員を増やし、それに伴う体制の充実を図る。
  2. 病児・病後児保育施設「ますかっと病児保育ルーム」について学内に周知し、登録者数を増やす。
  3. 長期休暇中の学童保育施設「かいのき児童クラブ」について、常設化を希望する職員及び子どもの数などを調査し、常設化について検討する。
目標 4
趣旨

所定時間外労働削減のための取り組みを実施する

対策
  1. 毎年度ごとに所定時間外労働状況を調査・報告し、所定時間外労働を削減するよう通知する。
  2. 週1日の「ノー残業デイ」の設定及び実施を周知する。
  3. 17時以降の会議は自粛する方針を周知する。
  4. 所定時間外労働削減に関する標語及びポスターを作成する。
目標 5
趣旨

年次有給休暇の取得促進のための取り組みを実施する。

対策
  1. 毎年度ごとに年次有給休暇取得状況を調査・報告し、計画的な年次有給休暇の取得を促進する。
  2. ゴールデンウィーク、夏季休暇などの連続休暇において、前後の休暇取得による連続休暇の取得を促進する。

一般事業主行動計画一覧

ホーム>次世代育成支援室>一般事業主行動計画>第Ⅲ期

TOP